施設概要

トップページ武蔵ホールについて施設概要

当ホールは、2008年5月の開館以来、近隣地域への文化・芸術の発信と貢献を理念に、音楽コンサートを中心に様々な交流の場として、多くの方々に親しまれています。

サロンホールならではの、お客様との距離が近い親密感と、吹き抜けの高い天井による豊かな残響。壁を増やした八角形の内部設計により、このふたつを両立させています。

近年では、コンサートの配信にも力を入れております。

概要

名称 NPO法人音降りそそぐ武蔵ホール
所在地 〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢 1-12-1 5階
電話 04-2962-5668
FAX 04-2946-7847
客席数 最大134席(5階76席/6階58席)
ホール面積 5階 195.14㎡(ホール 70.95㎡/ホワイエ 41.44㎡)
6階 117.08㎡
保有楽器 【ピアノ】
ベヒシュタイン D280
ヤマハ C3
【2段鍵盤チェンバロ】
ザスマン社 ブランシェ
お客様にも演奏者にも最高の音響

お客様はもちろん演奏者にとっても最高の音響

二階席(6F)からぐるりと囲むように見下ろせます

二階席(6F)からぐるりと囲むように見下ろせます

一階(5F)の座席は自由にセッティングできます

一階(5F)の座席は自由にセッティングできます

ベヒシュタインとチェンバロ

ベヒシュタインとチェンバロ

平面図

音降りそそぐ武蔵ホール 5階部分
音降りそそぐ武蔵ホール 6階部分
5F
席数 最大76席
スタジオ 約15畳
ホワイエ 約15畳
通路部分 約4.5畳
6F
席数 最大58席
ミーティングルーム 約13畳
6階エレベーターホール 約2畳
備品
椅子 125脚(満席使用時98脚/余り27脚)
クッション 40個(満席使用時36個/余り4個)

この他の付帯設備はこちらをご覧ください

5Fに客席を並べた様子。かなりの臨場感です

客席を並べた様子。かなりの臨場感

ホワイエは全面ガラス張り。明るく開放的です

ホワイエは全面ガラス張り。明るく開放的です

二階席(6F)はクッションに座ってゆったりご観覧いただけます

二階席(6F)前列はクッションに座ってゆったりご観覧。隣との間隔も自由に調節できます

ミーティングルーム

ミーティングルーム

ホールの歴史

当ホールは、2008年5月より、ビルのオーナーである澤田氏がNPO法人として設立され、2014年3月よりユーロピアノ株式会社が運営を引き継ぎました。2017年12月をもってユーロピアノ株式会社がホール業務より撤退したため、2018年3月よりNPO法人 音降りそそぐ武蔵ホールとして、近隣地域への文化・芸術の発信と貢献を理念に運営を再開いたしました。

音降りそそぐ武蔵ホール
音降りそそぐ武蔵ホール

理事

代表理事 白水公美子
副代表理事 高城いずみ
理事 井上耕一
佐藤好則
福田秀美
監査 大越和人

提携・協力

賛助会員ご入会のお願い

NPO法人音降りそそぐ武蔵ホールは、ホールレンタル、公演事業などを通じて、近隣地域への文化・芸術の発信と貢献、また、広く芸術を愛する方々の期待にお応えするよう努力を続けています。

これらの活動を継続していくための財政面でのご支援を、私たちの活動や理念にご賛同いただける法人の皆様、並びに個人の皆様にお願いいたします。

詳しくはこちらのページをご覧ください