新着情報

2019/03 HPをリニューアルしました!

音降りそそぐ武蔵ホールはどんなところ?

ホールの豊かな響きとサロンの親密さとが一つになった武蔵ホールは、まるで音が降りそそいでくるような空間と皆様に愛されております。音響を考え抜いて設計された八角形のホールは、どの様なジャンルの音楽でも全身で堪能でき、演奏者の息づかいを心ゆくまでご堪能いただけます。

定員134名の小さな音楽ホールですが、世界3大ピアノのひとつと言われるベヒシュタイン フルコンサートピアノをはじめ、ヤマハ グランドピアノ、2段鍵盤チェンバロを設置しています。ベヒシュタインは、指揮者・ピアニストであるV.アシュケナージが、2005年にベルリンの工房で選定したものです。(その時際、2台のベヒシュタインを選定し、落ち着いた音色の方を武蔵ホールに、きらびやかな音色の方を杉並公会堂に設置しました。)過去には当ホールで、イヴ・アンリやP.ヤブロンスキーなど、多くの著名なピアニストがリサイタルをしています。

小ホールならではの“真近で感じられる音楽”に、
ピアノリサイタル、室内楽など様々なコンサート、
発表会は勿論、座席等自由にレイアウト可能ですので、
各種セミナー、レクチャー等でもご利用頂いております。

吹き抜けになったホワイエからは、遠く秩父連山の絶景と四季を望むロケーションに恵まれ、自然と音楽を愛す人が集い語り合える空間となっております。

TOP